労働保険の年度更新と一人親方労災の納入について

0

    暑さ寒さも彼岸までと言いますが、

    新型コロナウイルスは、終息の気配が見えません。

     

    健康不安はもとより仕事や生活への影響も計り知れませんね(;´Д`)

    組合でも状況に合わせて情報をお知らせしていきます。

     

    さて、話は変わりますがこちらも重要な労働保険。

     

    労災保険は、労働者が仕事中にケガ等をしたとき、

    医療補償や休業補償等が受けられる国の制度です。

    また、労働者を一人でも雇用している事業主は、

    法人・個人を問わず雇用保険・労災保険に加入しなければなりません。

     

    労災保険は、組合を通して加入すれば事業主本人や一人親方も特別加入が出来、

    労災事故が発生した場合、医療、休業、後遺障害、死亡補償が受けられます。

    事業主労災加入の方には「一括有期事業開始届」、

    雇用保険、一元、その他労災に加入の方は「算定基礎賃金等の報告」を郵送します。

    これは、労災保険料を確定するために必要な書類なので、期日迄に必ず提出して下さい。

     

    また、一人親方労災納入通知(請求書)のハガキは3月中旬に発送致しました。

    これを確認して4月24日(金)までに納めて下さい。

     

    納入が確認され次第、領収書と一緒に今年度の加入証を送ります。

     

    この労災保険料の納入がないと、組合への委託を解除(労災保険脱退)する場合もありますので、

    必ず納入期限までに労災保険料を納めるようお願いします

     

    建設業は、労働災害が起こりがちな職種です。

    労災保険に加入し、保険料もきちんと納入して

    事業主・労働者共に安心して働くようにしましょう!



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:136 最後に更新した日:2020/08/07

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM